読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

pop tour

更新頻度は低いと思う

32. 2015/06/20 @京都MUSE 『"Obscure Ride" Release Tour』

cero

2015/06/20 @京都MUSE 『"Obscure Ride" Release Tour』

セトリ:C.E.R.O /マイ・ロスト・シティー /Summer Soul/ ticktack /Elephant Ghost /exotic penguin night /わたしのすがた /DRIFTIN' /Orphans /夜去 /大停電の夜に /Contemporary Kyoto Cruise /Narcolepsy Driver /Wayang Park Banquet /Yellow Magus /FALLIN'

en) さん!/ あとがきにかえて

f:id:chaimilk:20150622204030j:plain

本当だったら行くつもりでいなかった京都編。ツアーが始まる前にチケットはソールドアウトし、ceroもここまで来たんだなぁ…チケットとってないけどまぁ広島行くしな…と感慨にふけっていたものの、前日のインストアイベントでやっぱり行きたくなって、友達からも「行こうよ~!」と言われ、当日の朝こっそりチケットを探していたら、まさかまさか…

\\東京から京都に遠征して見に来られる方がチケットを譲ってくださった!//

しかも普段一緒にceroとかのライブに行っている友達の友達…!そんなことってあるんですね…。ceroで繋がる縁はだいたい間違いない気がします。(どういうことだ)

というわけでライブ前一緒にお茶して京都MUSEへ。

f:id:chaimilk:20150622203625j:plain

(お抹茶の器が選べるENGAWA CAFEというところに行きました)

 

京都でceroを見るのは7回目(あとの25回ぇ…)なのですが、まさかここでceroのライブを見るなんて考えても見なかった!前回MUSEでライブを見たのは4年前のTHE COLLECTORSですからね…。

しかも、約一年前の磔磔でのワンマンがものすんごくよかったので、あれを超えるものがまだあるのか…!?とドキドキしたものです。

会場入りしてしばらくするとお客さんでパンパン状態に…!最大キャパの400人くらいは入っていたのかな?磔磔の時もパンパンだったけれど、それを遥かに超えてた気がする。ライブもまだ始まってないのに少し汗ばむような…。ちなみに、上手の端にあるベンチの上に立ってステージを眺めていました。

で…気づいたら隣に10歳くらいの女の子が一緒に立ってる!?

そんなにベンチの幅がないのによく立てたな…すごいな…そんでなぜいるんだろう…と思ったら、その隣にお母様がいらっしゃったのでした。何度か顔をお見かけしたことのある方だったので、なるほど、おこさまを連れていらっしゃったのか…と。あのくらいの年の子がceroのライブを見て、どんなことを感じるのだろうか、とさらにそわそわしたのでした。そして比較的背とからだが小さくてよかった…と久しぶりに自分に対して肯定的になれました。(祝)

f:id:chaimilk:20150622205622p:plain

会場BGMは、31.5で言ってたOMSBさんのThink Goodが流れていたり、なるほど、本当にceroメンが選曲しているんだなぁ、と実感。

開演5分前かな、社長が舞台に出てきて、「今日、すごいソールドアウトなので一歩ずつ前へ来てください」と言ったら(すごいソールドアウト 笑)動けたんだ!ってくらい一気に会場のお客さんが一歩前へ動く。鶴の一声はやっぱ違うな~と感心しました。

www.youtube.com

そんでいつもの登場BGMがかかり(最近JAGATARAの曲だったと知りました、アケミさんの声、髙城さんの声と似てる…)、ceroの皆さん登場!

んでライブ。ツアーなのでどんな流れでどの曲をやったかはほとんど書けないのだけど、頑張ってまとめて書くなら…(ネタバレになるかもしれんし文字を白くしとこ)

序盤と終盤の流れで唸りまくり、あとOrphansの入れ方がものすごくツボでした。

MCもすんごく面白かったな。

・中盤ぐらいで髙城さん「暑くないっすか?クーラーつけてください。たぶん角張社長が「ライブを熱くするべ!」とか言ってわざとクーラーつけてなかったんだと思うんです」(その後クーラーがついて確かに涼しくなった)

・キャンペーンで名古屋のラジオに出演した時に25歳のパーソナリティの男の方に「めちゃくちゃグッズ身につけてますね!」って言われた

・京都と大阪のラジオに出演した時にゆかりのある人からメッセージが再生されたのだけど、大関さんで「いつもありがとう」的な内容で、直接言えや!ってなった

HALFBYっていう、いっつもDJでceroを流してくれる方がいらっしゃって(実際本当にここ数年DJでceroを流さなかった時はないってくらい)同じくメッセージをくれたのですが、京都の時は10分くらいメッセージをくれて(長い)、大阪でもおんなじようにメッセージが届いてますって言われて誰だったかって言ったらまたHALFBYさんだった

・髙城さん「僕達がキャンペーン中サポートのみんなは京都を満喫していたようで、シラフさん結局何件回ったの?」シラフさん「7軒」髙城さん「すごいね~あだれい達は?」あだれいさん「みっちゃんとよしろうさんと鞍馬山の温泉に…ぱぱぱぱ~!」

・ある曲が終わった後に髙城さん「…なんか一人でシャセーした後みたいになっちゃったな」

そして終演後、友達と歓談後、持ってきたObscure Rideを持ってサイン会の列へ並ぶ。長蛇だけど、これも地方の特権だよね多分。

結構な回数行ってるから、自重しなきゃな、とか思ったりしてて、むしろこういうのがありがたかったりしました。

というわけでceroの3人にサインをもらうのはかなり久しぶりのことで…あと、妙に感極まってしまって順番が回ってくる前に泣いてしまいました。

例えば、ceroを通じて友達になった高校生が大学生になって、おんなじバンドサークルに入ってバンドを始めようとしているとか、

何度も京都で見たライブだけど、ここまで動員数が増えたし女子ファンだらけだったのも男子ファンが多くなったなぁ(cero男子ファンみんなモテろ、ceroギャルと結婚しろ!)とか、

これからのカクバリズムを担っていく大事な要因になってるんだなぁ…とか。

勝手にエモタイム。笑

でも、いつもどおりの感じで話せてすごくよかった。口下手なのであたり障りのないことしか喋ってない…ことなかった!髙城さんに「野音ceroのワンマンやってください!」って言えた!!うおーfuck the shynessできたかも。あらぴー大先生には「ビートたけしって書いてください!」って言えた。そりゃ書いてもらうしかなかった…笑

ceroは始めから距離が一定だなぁ」と友達が言ってたのも妙に納得して、安心もしました。https://instagram.com/p/4KC7QdjavL/

あと初めて社長と握手してもらいました。一つの行動で今のたくさんの感情を表すにはどうしたらいいんだろうってなったときに真っ先に出てきたのが握手でした。めちゃくちゃふつうのことなんだけど、そこそこ人肌潔癖症の自分が握手を求めるなんてかなり珍しいので不思議でした。笑

SAKEROCKのときボロ泣きだったの見えてましたよ」って言ったら「泣いてないし!」って強がってたの、少し可愛いな、と思いました。

 

来週の広島はサポメンと社長と、あわよくばゼキさん塁さんにサインを貰おうそうしよう。

 

帰りに寄ったコロッケ屋さんでオザケンの「ぼくらが旅にでる理由」を聴いた時に、すごく勇気づけられたような気がしました。しかし西富家さんすごくよかったな…オススメです。

こんなこともおっしゃっているので、しっかりと勝ち星見届けていきましょう!

とりあえず来週広島でおかわりしてきます!