読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

pop tour

更新頻度は低いと思う

36. 2015/10/11『stars on 15』@岡山美星町中世夢が原

cero

f:id:chaimilk:20151011110329j:plain

 

2015/10/11『stars on 15』@美星町中世夢が原

セトリ:マイ・ロスト・シティー/ Elephant Ghost / Summer Soul / ticktack / Orphans / Comtemporary Tokyo Cruise / Yellow Magus / 大停電の夜に

 

もはや年間行事のスターズオン。

今年はいつも一緒に行ってる友達が来れなくなったので、中学高校生時代のクラスメイトを誘って一緒に行きました。彼女はObscure Rideの広島公演で見事ドはまりしその2日後の岡山公演にも行っております。(笑)

ちなみにceroがスターズオンに出演っていうのが発表されたのはちょうど広島公演の日だったんですよね~。あの日からまたつながっているような気がして嬉しい…なんてね。思い入れは個人的な感情で出来上がっている~♪ まぁ…その前にお前その後に大阪と東京でcero見てるじゃん!っていう。笑

今年のスターズオンは例年9組呼んでたアーティストを8組に減らしたのは策略だったのかはわからないですが、その分一組一組を十分に味わえて、まるでワンマンライブを8回見ているような感覚でした。

どついたるねんはいつもにまして全力でかっこよくて、まさかうーちゃんソロが見られるとは思わなかったし(マジかよすげぇなって思った!)、

思い出野郎Aチームはファンクでトロピカルでゆったりレゲエで気持ちよくって食欲もごはんの美味しさも倍増したし(とにかくめちゃくちゃ食べた)、

KAKATO(環ROY×鎮座DOPENESS)とU-zhaanはメロメロでずっと乙女キュンキュンモードになってしまったし(結婚してくれーー×2)、

ハンバートハンバートセキスイハウスから始まり遊穂さんがワイヤレスマイクをつけてステージを出てアルプス一万尺をお客さんと練り歩きながらやるし(そして友達は初めてアルプス一万尺を覚えた)

toeはいつもの調子でめちゃくちゃ楽しそうにライブやってて、ニカが好きならポストロック好きだしその逆もしかりだろ!音楽楽しい~!と改めて思ったし、

向井さんはナンバガの曲いっぱいやるし一郎さん出てきたと思ったらお酒のおかわりおいてくし最後はユーミンの守ってあげたい歌ってて「守ってくれ!」って思ったし(オイ)

トリの電気グルーヴは実は去年のでてほしいアーティストで投票?してて出るのが決まってびっくりして。卓球さんがマイク持ってあんなにはしゃぎ倒してるの初めてみたし、ピエールさん(ポンキッキーズのアイドル)がフジロックの神様Kさんの帽子をとって振り回した末にステージに叩き落としてて最高(よかったね…!)、向井さんや主催の丹正さんが踊りながら乱入するわ、ほんで音も超かっこいいから体中が満たされた!って感じで踊りまくってあんなに寒かったのに汗かきました。

 

で、ceroだよね、cero!すみません…なんてったって大好きなフェスなので…えへへ…

今回は芝生の上にレジャーシートを敷いたのでずっと座ってゆったりシャボン玉飛ばしながら見てようかな~って思ってた、思ってたんですよ。ceroもそうしようとしてたんですよ、だって35回もライブ見てるしいい加減落ち着いてライブを見るようになってもいいんじゃないかって、全体を見渡してライブ見ようかなって思ったんですけど……無理でした、無理でした。無駄な抵抗でしたね。

マイ・ロスト・シティー、いつもよりも少しテンポを落とし一音一音を大事に奏でていたように思えました。この曲に関しては、年を重ねて形を変えてる曲で、どのアレンジも大好きで。いやー名曲~…。あとインスタグラムで韓国公演はどうだったんだろう、とエゴサーチしていて(ファンだってエゴサをするんだぜ…)髙城さんの声の調子が芳しくないことを確認していたので今日はどうなんだろう~と思っていたのですが結構調子がよくてとても安心しました。でも昔に比べて髙城さんの声、強くなりましたよね…!(勝手に母の心境…)

聴き終えた瞬間最高!のマグマが溢れかえって、気づいたら走ってステージ前に行ってcero見てました。これぞ愛のままにわがままに(ただの本能だ)スタイル…隣にいた友達も同じことしててさすが盟友だぜって思いました。

あれ、その時に飛び出したんだっけ、どうだったっけ…。とにかくいてもたってもいられない状態になりました。

そんでObscure Rideの曲群が続くわけですが、今回は拍を意識して聞き入ってしまった。。今まで以上にブラックですんげーかっこよくって。そこらへんのおっちゃんみたいに「ええわ~ええわ~すごいわ~」ってつぶやいていたような気がします…。

「冷まさなくてもいい季節になりましたけどね、カラダが夏にナル、Summer Soul!」

↑こういう小ネタを挟んでくる所も本当に好きだしいちいち拾っちゃうよねぐふふ…。

「トリをやるまで毎年出たいと言ってましたが、ずっと出たいのでこのトリ前のポジションをキープしたいと思うので、来年もトリ前でお願いします!」って言ってて、(色んな事思って「ムズい、ムズい~!」って言ってしまったけど)いいなぁって思いました。

私はトリのceroも見たいんですよ…何年後になるんだろう、でもそう遠くない未来な気はしますよね。だって中野サンプラザ公演をソールドアウトにする彼らですよ。トリをやっても出続けてほしいのがファンの弁だし、レキシみたいにトリを2回やるでも良い気がするんだよなぁ。そこまでceroがすごくなった証拠なんですよね…嬉しいなぁ。

ひろがる~未来に~~夢があふれて~る~~……ワークマンのテーマソング(by 吉幾三)と武蔵野クルーズエキゾチカ、キーが同じDだ…酷くくだらない共通項……orz

そしてContemporary Tokyo Cruise。2013年、ceroのCTCのためにステージにミラーボールが設置されたのをしっかり覚えてる身としては感慨ひとしお…。

どうやらKさん情報によると角張社長が泣いていたとか。隣にいたらすぐ手持ちのceroタオル渡してたな!(実際手持ち無沙汰で飛び出したから隣にいても渡せない)

やっぱり「いかないで光よ わたしたちはここにいます 巻き戻しして」っていうフレーズは、会場にいた人たちがそれぞれに色んな事を想った瞬間だったと思うんです、と勝手に言う…。(バカ)それが最後のギター橋本翼(これヒーローっぽくてかっちょいい)のジャンプで発散されてあらぴー大先生のピアノで収められるというか…これも勝手なあてつけなんですけど。いつまでも振りきれないものと一旦区切りをつける瞬間を与えられているような気がしてならないです。つって…!

そしてYellow Magusで昼夜かけてのラストクルーズ、そして大停電の夜。大停電の夜を聴くときはいつも初めて見たcero、武蔵野のceroのことを思い出します。ふっと肩の力がおりるというか…。ファーストアルバムを聴くときはいつもそんな感じ。

しかし、2013年は曇っていたからそんなに星が見られなかったんですよね、だから今年はいっぱい見られてよかった!ceroにとっても落とし前がつけられた!と想ってくれたらいいなぁ、なんて。

今回は野外・晴れ・夜・好コンディションで最高のceroが見られたので、今までのライブで暫定1位…あーーでもユニバースと迷うなぁ。うーん、野外では一位だな!

 

ちなみに久しぶりに流れ星を見ました。ふふ