読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

pop tour

更新頻度は低いと思う

30. 2015/04/18 @恵比寿LIQUID ROOM『Contemporary Tokyo Cruise』

30. 2015/04/18 @恵比寿LIQUID ROOM『Contemporary Tokyo Cruise』
セトリ
C.E.R.O/マイ・ロスト・シティー/Yellow Magus/Elephant Ghost/Summer Soul/outdoors/Tick Tack/Orphans/Contemporary Tokyo Cruise/FALLIN'
en マウンテンマウンテン/さん!


https://scontent.cdninstagram.com/hphotos-xpa1/t51.2885-15/s150x150/e15/925652_1582925028649131_188976843_n.jpg

実に7ヶ月ぶり、通算30回目のライブです。
本当は30回目のライブが12月にあった2デイズの『Wayang Parade』のはずだったのですが、
見事に仕事で行けなくなりまして…へへー(;ω;)
なので、CTCだけは絶対に行こうと心に決め、その後オールナイトで自分のバンドのレコ発だったのに頑張っちゃったよね…。
https://scontent.cdninstagram.com/hphotos-xaf1/t51.2885-15/s150x150/e15/11137834_457635327728606_1790872848_n.jpg
(ベッド・インさんに出演していただきました、楽しかった)

私は3回目のCTC(1回目は2011/12/25 @渋谷WWW、2回目は2013/09/08 @恵比寿LIQUID ROOM)で、
なぜ日比谷野音じゃなくて(俺たちceroファンの勝手でとても大きな期待そのものでしかなくて申し訳ない)
敢えてリキッドルームでやるのだろう…?と疑問に思っていたのですが、
まさか、鎮座ドープネス&カトマイラ、NRQ、DJでMOODMANも出演するなんて予想もしていなかったので
発表された時は妙に納得がいったし、ceroのぶれないスタンスも感じられて妙に嬉しくなりました。
もーこれだよこれ!信頼できるってこういうことを言う!大正解!!
音楽を聴く幅を拡げてくれたアーティストのうちの一組がceroだったのもあり、余計にでしょうけれど。



Penguin Cafe Orchestra -- Cutting Branches For A ...

これはものすんごくわかりやすい例。



鎮座さんはもう…あの、声とかたたずまいとかすーごく好みで。大きい舞台が映えるっていうか。スター。
たくさんやっていた中でこの曲をやっていたんですけど、ほんとにもっともなことしか言ってなくて。soundcloud.com
だからラップは好きなんだよなぁ。
不思議なんだけど、ラッパーの人ってだんなさんにしたくなるような人が多い気がする。あれが男らしさっていうのかな。
イルさんにしても(イルリメ:最近ご結婚されましたね~おめでたい…!)田さん(田我流)にしてもロイロイ(環ROY)にしてもPUNPEEさんにしてもECDさんにしてもYoung-Gさんにしても…。あぁ、理想のだんなリスト(ラッパー編)がただ並んだだけじゃないかこれ…(ひどい)


次はNRQ、やったー!NRQ!実は6日前にも見ていたのですが、中尾勘二さんがドラムをたたかず、クラリネットかサックスだった(激レア)のでちゃんとした編成で見るのは2012年3月以来…ぎえー!3年ぶり!!!
https://scontent.cdninstagram.com/hphotos-xaf1/t51.2885-15/s150x150/e15/11098440_1579050782364093_1261067861_n.jpg
てか3年前に見てたっていうのもびっくりだけど、見たもんな…。(老いを感じる)
NRQはたたずまいが素晴らしいですよね。
古いイギリスの映画を手回しの上映器で見るようなロマンがあって。
そんでもって、楽器がちゃんということをきいて音を出しているような…楽器を飼い慣らしているような…
人間と楽器の間で主従関係がきちんとあるように見えるんですよね。
吉田さんの二胡、服部さんのコントラバス、牧野さんのギター、勘二のドラム(完全に勘ギャルですごめんなさい)
ゲストのOkyonさんのパーカッションも、MC.sirafuさんも、他の演奏ではあまりそうは見えないんだけど、NRQではそうなる。
それがまた心地よくて、違和感がないんだよなぁ。
New Residential Quarters(NRQ) with MC.sirafu 「Weird ...
また絶対見に行く。


終わってから、まさかの角張社長DJ、からのcero
今回は麦さんを除く7人編成。あだちさんポジションにボンゴがある!ふぉーっ!
幕が開いていつものSEで出てきたceroメンバー、高城さんがダブルピースしながらハイテンションで登場!爆笑!
友達と『C.E.R.O.』ってどんな曲なんだろうな~って言いながら待っていたら最初の曲だった~!(犬神家ポーズ)
いままでの彼らは『Contemporary Exiotica Rock Orchestra』。そして今『Contemporary Eclectic Replica Orchestra』に!
これはceroのメンバーが影響を受けた人に対する敬意と、大きく成長した彼らの決意の表れなのだろうな、と勝手に思っています。
(不思議なんだけど、ぱっとくるりのことが頭に浮かびました。)
そして、マイ・ロスト・シティー、Yellow Magus。
何度もリキッドルームで彼らのライブは見たのに、見たからなのか。
どうにもこうにも涙が止まらなかった。彼らがとても勇ましく思えた。
特に髙城さんを見ていると、本当に。妙に安心もして、余計に涙が止まらなかった。
続く新曲群のElephant Ghost(もっと厚海さんのベース聞こえてもよかった気がしましたがベーアンの調子が悪かったんかな…)
「もうすぐ夏ですね」で始まったSummer Soul。
5月27日に発売が決定したニューアルバム『Obscure Ride』への期待がますます高まりました。
ちょーかっこいいんだから!絶対!
んでoutdoors。前にも言ったけどoutdoorsはceroの曲の中でとびきり好きな曲なんだ…!
そして格別だったんだ…!ワールドレコードの中からこれをやるっていうのがまた嬉しくって…。
そしてこれまた新曲ticktack、でOrphans。またぼろぼろ泣いてしまった。
最近Orphansを聴くと、Rojiの店長ルミさんと、看板猫のレタス(本当は八百屋さんところのネコちゃんなんだけど)のことを思い出す。あの2人こそが別の世界ではきょうだいだったんじゃないかなって思う、そのくらい私にとっては名コンビ。
それからのContemporary Tokyo Cruise、ドラムのリズムが少し変わっていた…!かっこいい!
あとメンバー紹介のとき○○リストの□□□!って紹介してて面白かったです。

そして新曲のFallin'の流れは本当にぐっときた。シンプルなミニマル調の曲なんだけどとても奥が深くて。
歌詞の中にあるCTCの「巻き戻して」そしてFALLIN'の「思い出して」、はとても大きなメッセージになりうるのではないだろうか。
何に対してかは人によるだろうけれど。

そしてアンコールは
マウンテン・マウンテン(わぁっ!ってならなかったのが新鮮だった)とさん!(手でいち、に、さん!なんだか嬉しかった)。
いままでのceroって感じでこれもまた嬉しかったなぁ。

印象に残っているMCをツイッターで呟いていた人がいらっしゃったのでついでにちょっとお借りします…。





あと、「ライブ前にからだじゅうにシップを貼っている」とも言ってましたね。
からだをほぐすのはほんとに大事…(最近インドメタシンにお世話になっているのでわかる気がする)

www.youtube.com

あと、「Obscure Rideで橋本くんの曲が3曲入っています」とMCで!
作詞作曲家としての橋本翼の活躍を目の当たりにできるのは本当に嬉しいです!ね!!

そして今夜はceroのラジオ番組Night Drifterの放送日!
待望の新曲がかかるそうですね。楽しみだ!!